Beatsのイヤーパッドが劣化したので交換してみた。【手順】

日記

2年間愛用しているBeatsヘッドフォンの
イヤーパッドが劣化していたので、
自分で交換してみました!

今回は

  • おすすめのイヤーパッド
  • 交換方法

の2点を紹介していきたいと思います。

交換は30分くらいで終わりますので、
劣化してる方は是非参考にしてください。

それでは本編です。

Beatsのイヤーパッドが劣化したので交換してみた。

オススメのイヤーパッド

まずはオススメのイヤーパッドですが、

私もこれには少し悩みました。

と言うのも、純正のイヤーパッドの質感が
めちゃくちゃ好きだったので、買うなら純正
に近いものが良いと言う事で、
情報を集めまくりました。笑

行き着いたのが「Geekria」のイヤーパッドです。

Amazonのレビューや他の交換記事をみても
ほとんどの人がGeekriaのイヤーパッドを
純正品と大差ない!と評価していました。

実際使ってみると本当に変わりないです。笑

ふわふわ感良し。
色合い・見た目良し。
肌触り良し。

価格も2000円行かないので
この品質でこの値段は最強だと思います。

beatsの修理サービスに依頼すると、
なんと数万円かかります。笑
※物によりますが。

いずれにせよ純正品と謙遜ないのに
たった1800円程度で購入できたので
超絶満足しております。

もしイヤーパッドで悩んでいるのであれば
Geekriaのイヤーパッドをオススメします。

色も豊富なので、自分色にカスタマイズ
してみるのも面白そうですね〜

 

Geekria イヤーパッドBeats by Dr. Dre Solo3

 

交換方法

交換方法はめっちゃ簡単でした。

大まかな流れとしては、

  1. 今くっついているイヤーパッドを剥がす
  2. シール跡を綺麗に掃除する
  3. 新しいイヤーパッドを貼り付ける

といった流れになります。

1番苦労するのがシール跡を綺麗に掃除する
工程ですが、ある物があれば一瞬で終わります。

それが無水エタノールです。

無水エタノール

使い方は後ほど説明します。
もし無水エタノールが無い人は消しゴムの
用意と覚悟を決めておいてください。笑

交換手順

まずはイヤーパッドを剥がす工程から。

Geekriaを買った人であれば、中に専用の
ヘラが入っているので、本体とイヤーパッド
の隙間に差し込んでテープを剥がしていきます。

あまり強くやりすぎると
本体を傷つけてしまうので注意してください。

パッドを剥がし終えたら次は
シール跡の掃除です。

無水エタノールを用意できた人は
綿棒に染み込ませて擦るだけで
ボロボロ取れます。

無水エタノールが無い人は
消しゴムで根気強く擦り続けましょう。笑
もしくは100均に売っている
シール剥がしでも大丈夫です。

最後にパットを貼る作業ですが、
これは縁に合わせて貼り付けるだけで
OKです。

以上が交換方法になります。
めちゃめちゃ簡単ですよね。

たった2000円でBeatsのヘッドフォンが
新品に戻りました。笑

最後に…

最近PS4でゲームする事が多くて、
ゲームジャンル上、よくヘッドフォンを
利用するので、交換できて安心でした。

プレイしているゲームはApex Legends
なんですけど、みなさん知ってます?

次からApexについての記事を書いていこうと
思いますので、良ければチェックしてみて
下さい!

それでは〜