【コミュ障必見】コミュ障の治し方!今すぐに始められる克服法

成長したい人向け

コミュニケーション障害には一般的に二つの意味合いがあります。

一つは医学的な診断名としてのコミュニケーション障害です。

  • 言語症/言語障害
  • 語音症/語音障害
  • 吃音

などがこれにあたります。

普段「コミュ障」と聞いたら喋るのが下手くそな人というイメージがあったので、

私もこの記事を書くまで分かりませんでした。

 

もう一つが俗称としてのコミュニケーション障害です。

今回はこの俗称としてのコミュニケーション障害の治し方について書いていこうと思います!

どうしても話せるようになりたい方や、長いことコミュニケーションについて悩んでいる方向けですので

是非参考にして下さい!

コミュ障を克服する方法

印象

1.初めの挨拶

相手と話しにくいと感じる原因は、まず話の切り出し方がわからない事が原因の一つです。

出だしを間違えてしまうと、そのあとの会話がぎこちなくなってしまい、気まずい雰囲気になります。

まずは「話しやすい雰囲気を作る作戦」です!

何事も出だしは肝心です。それは会話においても同じ事。

恥ずかしいのは初めだけ!と思い切って挨拶くらいはしてみましょう!

 

壇上でスピーチをする人が、話始める前に面白い挨拶をしたら聞き入ってしまいますよね?

それと同じです。

 

逆に挨拶が何もないと、雰囲気だけでなく貴方の印象まで悪くなってしまいます

印象が悪くなってしまうと、このあと貴方の話す言葉一つ一つの印象も悪くなり、

結果的に相手とのコミュニケーションがうまくいきません。

挨拶には

  • その場の雰囲気を良くし、話やすい空気を作る
  • 相手に対して好印象を持たせることが出来る

という効果があります。

 

魔法と呼んでもいいほどだと私は思っています!

魔法を使えるなら使ってみたいと思いませんか?なら使いましょう!!!

 

2.話している人の目を見る

話している時に視線がチラチラ動いたり、下を向いて目を合わせずに話す人が

「コミュ障」ってイメージありませんか?

 

逆に言えば、相手の目をしっかり見て話せばコミュ障とは思われません。

話している人の目を見ると、相手に熱意が伝わります。

それは話す時も聞く時も同様です。

目を見て話す・聞く事で、相手も真剣にコミュニケーションを取ってくれます。

 

ですが、相手の目を見つめるって恥ずかしいですよねー。超分かります。笑

 

そんな時に効果的なのが「相手の眉間を見る」というテクニックです!

眉間を見るだけなら恥ずかしくないので誰でも可能です。

目は合わせないので、あなた自身の恥ずかしさも軽減されますし、相手からすると「目を見て話してくれている」気になりますので効果抜群です!

試しに明日から実践してみてください。

この「相手の眉間をみる」という技を使うだけでも、貴方の印象は大きく変わりますよ〜

 

3.相槌を打つ

これは聞いてる時に使えるテクニックですが

相槌には「相手を話しやすくする効果」があります。

 

自分は喋らずに相手が話していることに対して、ちょっとづつ質問をすれば会話が成り立ちますので、

会話がうまく続かなくて悩んでいる人は、話題の選び方や話し方を学ぶよりも「話の聞き方」を学んだ方が早くコミュ障を直す事が出来ます!

 

だって相手が勝手に話をしてくれるならそれで良いじゃないですか笑

話すより聞く方が断然負担が小さいですし、何より人間は自分の事を話したがる生き物ですので

聞き上手になる事でスムーズに会話を続けることができるようになりますよ!

 

4.自分に自信を持つ

コミュ障の大元の原因は「自分に自信がないこと」です。

  • 「この話をして滑ったらどうしよう」
  • 「相手に変な思いをさせたらどうしよう」

気づかないだけで、深層心理にはこのような考えがあります。

そうした思考だと、会話する事に臆病になってしまいます。

 

実際話してみたら案外話せたって経験一度はありませんか?

貴方は会話が下手なのではなく、「会話する機会を自ら逃しているだけ」なのです!

この機会を掴みに行く必要があります!

 

その為にはまず「そもそも相手は自分の話を聞いていない」という考え方を持つようにしましょう!

あなたは昨日誰かと話した内容を覚えていますか?

どうせ人間は数日経てば忘れる生き物ですので、恥ずかしい思いや、何か失敗をしても忘れてくれます。

そうすればネガティブな思考を無くす事ができます。

 

そこに自信をプラスすると会話は簡単です!

自分に自信を持ちたいならまず「外見的特性」から変えてみましょう。

  • 着る服を変える
  • 髪型を変える
  • 髪色を変える
  • ヒゲを剃ってみる
  • コンタクトに変えてみる

挙げたらキリがありませんが本当に些細な事で変わります!

騙されたと思って一度やってみて欲しいです。

自分に自信が持てるようになれば、おのずと会話上手になれますよ!

 

5.会話馴れする

会話できないのに会話馴れとか何言ってんだこいつと思われるかもしれませんが、

会話馴れするということは「絶対に離さないといけない状況に身を置きまくる」ということです。

 

学校であればクラスの学級長、会社であれば飲み会の幹事、地域の弁論大会に参加してみたり。

人前で話す場に積極的に参加してみましょう。

 

最初は誰でも緊張します!

ですが回数を重ねるごとに次第に馴れていき、話せるようになっています。

その時には大勢の前で話すことができるようになっているので、一対一なんて余裕でしょう笑

話したい」ではなく「話さないといけない」状況に何度も置かれれば、回数を重ねる事に次第に話せるようになります!

実際自分はこの方法でコミュ障を克服しましたので、もしかするとこの方法が結論最強かもしれません。笑

 

まとめ

コミュニケーション障害の克服は、長い間悩んでいる方は多いと思い、今回この記事を書かせていきました。

実際私も長いことコミュ障に悩まされたうちの一人です。

今悩んでいる人は絶対に諦めないでください。努力を続ければ必ず直ります!

初めから饒舌な人なんて数少ないです。

話せない事は恥ずかしい事じゃありませんので、時間を掛けて直していきましょう〜

 

この他にも質問等ありましたら、Twitter、Instagram、コメントのどちらでもよろしいのでご連絡ください!

私でよければお答えいたします!それでは〜