【iPadの使い方入門】iPadで出来ること22選!最大活用できていますか?

iPad 活用 Apple

どうもさんぴんちゃです。

今回はiPadを購入した方に向けて「iPadがあるとできること」をご紹介します。

せっかくiPadを購入したのに動画を見るだけになっていませんか?

なんだかiPadを使いこなせていない気がする。。

そんな方に向けて、iPadの活用アイディアをご提案して行けたらなと思います!

基本編とちょっとコアな応用編に分けてご紹介していくのでぜひ見ていってください。

iPadの可能性は無限大です。せっかく持っているなら最大限活用しましょう!!

それでは本編どうぞ〜

iPadで出来る11のこと(基本編)

webブラウジング

iPadでは、大画面でスマートフォンでは体験できないwebブラウジング体験がでるので、すごく調べ物の効率が上がります。

またSplit Viewを使用する事で、左右にブラウザを表示して2つのものを比較しながら調べ物が出来たり、もう片方にはメモアプリを立ち上げて、調べ物をしながらメモを取ると言ったマルチタスクも可能です。

YouTubeを見ながら作業をする

これもスマホでは出来ません。

PCでも同じ事ができるのですが、何と言ってもiPadの最大のメリットはその手軽さです

どんな場所、どんな体勢でもPCのようなマルチタスク体験が可能です。

スケジュール管理

まだ紙の手帳にスケジュールを書き込んでいませんか?

iPadに標準で入っているカレンダーアプリを使用することで、簡単にスケジュール管理をする事ができます。

1日の予定がたくさん入っている時に、紙の手帳にその予定を書き込むと、どうしても文字が小さくなってしまいがちです。かといって、大きめの手帳を買うと荷物がかさばってしまいます。しかも予定の変更があった時には修正するのがとても大変です。

そんな時にiPadにスケジュールを入力しておけば、大画面で見やすくスケジュールの管理・変更が行えます

また、リマインダー機能もあるので、予定の数分前に通知を送る事ができたり、iPhoneと連携しておけば、iPadで入力したスケジュールをiPhoneでサクッと確認することもできます。

また、初めて行く場所なんかは、iPad標準アプリの「マップ」から位置情報をスケジュールと紐付ける事ができるので、スケジュールの確認と場所の確認を同時に行うこともできます。

ToDo管理

iPadでToDo管理を行うことで、一覧性が高く、やる事の抜け漏れを防ぎやすいです。もちろんiPhoneとの連携も可能なので、基本はiPadを使ってタスク管理をして、外出先ではiPhoneで手軽に確認するといったことも出来ます。

また、大人数でタスクを共有して確認する事も可能です。

私のおすすめのアプリは「Trello」というアプリです。

無料で使えるのでぜひ使用してみてください!

読書

iPadの大画面は、読書をするのに最適です。

実際の雑誌と大きさもほとんど変わらない上に、iPadに入れておけば何冊でも持ち運ぶ事ができます。

小説を読む際も、気になった箇所に簡単にハイライトを引くことが出来たり、メモを取る事も可能です。

読まなくなった時に売ることが出来ないのがちょっと残念ですが、読書が好きな人はiPadを読書端末として活用してみてください。

amazon readingを利用すると快適に読書ができます。

Prime Readingでは2021年6月現在、プライムリーディングでは1000冊以上の電子書籍が読み放題の対象になっています。

ジャンルは以下の通りです。

  • 小説・評論
  • ビジネス・経済
  • 趣味・暮らし
  • 絵本・児童書
  • コミック
  • 雑誌
  • 洋書

また、Kindle Unlimitedのタイトルの中の数百冊も読み放題となります。
Prime ReadingとKindle Unlimitedとの違いは、以下の通りです。

Prime ReadingKindle Unlimited
追加料金不要別で月額980円
プライム会員限定非会員でも利用可能
電子辞書1000冊以上+Kindle Unlimitedの中の数百冊和書洋書合わせて132万冊以上

iPadを持っていて既にプライム会員になっている方は、プライム会員の特典として電子書籍を読むことができるので、利用してみて下さい。

Amazon Readingを無料体験する

ゲーム

PUBG mobileや荒野行動などのシューティングゲームをする時に、iPadだと視認性が高く、敵をすぐに発見する事ができます。更にiPhoneと比べて処理性能が高く、高画質でプレイしても本体が熱をもちにくいです。

それだけでiPhoneでプレイしている人に差をつける事ができますね。また、画像のようにPS4・PS5のコントローラをBluetoothで接続して使う事ができます。(使用できるゲームと出来ないゲームがあります。)

私はiPadでプロ野球スピリッツAをプレイしています。

大会で活躍している人の大半がiPad+Apple Pencilでプレイしているそうです。私もiPhoneから変えてみて格段に打ちやすくなったと感じています。プロスピをプレイしている方は是非Apple Pencilを購入してプレイしてみて欲しいです!

文字入力・文章執筆

最近のiPadはMagic Keyboardやsmart keyboard folioといった、本格的な外付けキーボードが用意されており、文字入力に特化していると言えます。それに伴って、アップル以外の会社もiPad用のキーボードの製作に力を入れており、高品質なキーボードが多数販売されています。

私は現在大学生なので、iPadで学校のレポートを作成したり、ブログを書いたりしていますが、
正直持ち運びがしやすい分、ノートPCより使いやすいと感じています。

大学生はiPadを購入した方が良いよっていう私の体験記事もありますので、参考にしてみてください!

勉強ノート

Apple PencilとあわせてiPadを活用することで、iPadを紙のノート代わりに使用する事ができます。

会議メモをサクッとiPadに記入したり、授業のノートをiPadに入れておく事でいつでも確認する事ができます。

おすすめのノートアプリは「Good Notes 5」です。

色々な方がこのアプリの素晴らしさについて動画を出しているので、YouTubeで自分にあった使い方を探してみてください!もちろん標準のメモアプリにそのままメモを書くことも可能です。

最近のiPad OSのアップデートにより、ロック画面をApple Pencilでタッチすると即座にメモアプリが立ち上がる様になっているので、マジで1秒以内にメモが取れます。笑

お絵描き

プロのイラストレーターの方もiPadを使ってイラストを描いているくらい、iPadはお絵描きの性能が高いです。

無料でイラストを描きたい方は「アイビスペイント」、有料で高性能なアプリを使いたいのであれば「Procreate」がおすすめです。

デジタルイラストを描きたいと考えている人はペンタブを買うよりiPadを購入した方がいいと私は考えています。ペンタブはイラストを描くことしか出来ませんが、iPadはイラストももちろん書けますしその他色々な事ができます。

写真ビューアー

撮った写真をiPadで鑑賞することで、大画面で写真を見る事ができます。

iPadほど高画質で大きい画面を持っているデバイスはあまりありません。iPhoneで撮った写真もAirDropですぐに画質を落とす事なく共有する事ができますので、写真ビューアーとしても優秀な端末と言えます。

スライドショー機能を使えば、玄関先やカウンターに置いておくだけでもオシャレさを演出できますね!

音楽再生

スマホをBluetoothスピーカーに接続して利用しても良いのですが、スマホにはLINEやTwitter、Instagramの通知がたくさん届くので、その度に通知音に邪魔されてしまします。

またスマホゲームをしている方は、ゲーム音と音楽が混ざってしまって、満足な音楽体験をする事ができません。

そこでiPadで音楽を再生することで、スマホはフリーになるので、自由に使用する事ができる様になります。しかもiPadのスピーカーも進化しており、特にBluetoothスピーカーと接続しなくても臨場感のあるサウンドを体験することができるようになっています。

Netflixやプライムビデオを観るだけでなく、是非iPadで音楽鑑賞もしてみて欲しいです!

次からはちょっとiPad上級者に向けた応用編をご紹介していきます。

iPadで出来る11のこと(応用編)

写真編集

iPad内にある写真をそのまま編集する事ができます。プロのデザイナーが使用している「Lightroom」がiPadでも使用する事ができます。

PCと違って指で直感的になぞった部分を補正する事ができるので、初心者はiPadで写真編集をする方が簡単です。

動画編集

iPadの動画編集アプリ「LumaFusion」を使えば、PCと遜色ない動画編集をする事ができます。しかし、動画編集をするのであれば、iPad Pro以上のスペックが必要となってきます。iPad Airでは動画編集するにはスペック不足ですのでご注意ください。

動画撮影〜編集まで

カメラの性能もかなり高いので、動画撮影〜編集までを行う事ができます。実際に私がiPadのみで撮影〜編集までを行なった動画がありますので見ていただけたらと思います。

これからVlogを始めてみようと考えている方はスマホ・iPadで撮った動画をiPadで編集することで、手軽に始める事ができます。色々機材を準備する必要がないのでお手軽ですね。

画像作成

ブログのアイキャッチやお店のチラシなど、画像作成をiPadで行う事がきます。

画像編集におすすめのアプリは、無料版なら「Canva」、有料版なら「Affinifty Photo」がオススメです。

実際に私のブログのアイキャッチ画像もこの2つを使用して作成されています。

特にAffinity Photoは、PC版のPhotoshopと同じレベルの画像作成が可能です

頭の中のイメージをラフに共有

iPadはApple Pencilによるスムーズな描画が可能なので、頭に浮かんだアイディアやイメージをすぐに書き留める事ができます。そのメモを共有することで、職場や学校などで自分のイメージを略案として素早く共有することが可能です。

これはクリエイターの方向けですが、クリエイター系の職業についている方には嬉しい機能だと思います。

私みたいな絵心の無い一般人はあんまり使いません。笑

雑誌の編集作業

こちらもクリエイター向けにはなってしまうのですが、PDFにそのまま修正案を書いて相手と共有することで、雑誌の編集作業もスムーズに行う事ができます。

実際私の知り合いもiPadを使用して雑誌を作成している方がいるので、こう見るとクリエイターには必須なデバイスに思えてきますね。

ブログ執筆

文字を書く事に関してはPCと何ら遜色なく作業を行う事が出来るのがiPadです。むしろ持ち運びやすいので、作業場所に縛られないというメリットがあります。

スマートフォンでももちろんブログ執筆は可能なのですが、やはりキーボードで作業した方が圧倒的に作業効率が良いです。ショートカットも使えるので。

副業を始めてみたいと言う方は、先ずはiPadを購入してみるのが良いと思います。ノートPCより安く購入する事ができるかつ、基本的な機能は殆ど変わらない、むしろPC以上に使う事ができるのでおすすめです。

かくいう私もこのブログはずっとiPadで執筆しているので、信憑性が高いと思います。

ブログを始めてみようかな?と思った方はこちらの記事からぜひ始めてみてください!

ペーパレス化

大学の資料や会社の資料をPDF化する事で、わざわざ大量の紙を持ち運ばなくても良くなります。また、find機能(Ctrl+F・cod⌘+F)を使用することで、見たい項目をすぐに確認することも出来るので作業効率もアップします。

また、PDFを拡大してそこに書き込みもできるので、紙に書き込むより細かい情報を大量に書き込む事ができるようになります。

ホワイトボード代わり

学習塾や教員の方、会議でプレゼンテーションを行う方は、iPadをホワイトボード代わりに使用する事ができます。

専用のケーブルでモニターと接続することで、大画面にiPadの画面を共有でき、更にそこに書き込みを行う事ができます。

typeCのコネクタが必要にはなりますが、意外と利用する場面は多いです。

デザインの仕事ができる

iPadでは様々な編集作業を行う事ができるので、スキルが身につけばデザインの仕事をもらう事ができます。

Cloud Works」というサイトで、仕事を依頼している方が多数いるので、その中から自分が出来そうな仕事を選んで応募する事ができます。

殆どがリモートでの作業になるので、副業として稼ぐ事もできます。初心者歓迎で1から教えてくれる方もいるので、スキルアップのために申し込んでみるのも良いのではないでしょうか。

外出先から自宅PCを操作できる

jump desktop」というアプリを使用することで、外出先でも自宅のPCを操作する事ができます。

どうしてもPCで作業しなければならない事でも、iPadさえ持っていれば外出先でも作業ができます。

もはやノートPC要らないのでは?とまで考えてしまいます。笑

以上がiPadの活用方法でした。

他にもこんな使い方あるよ!などありましたらコメントで教えてください。

それでは!