【PA1040】教職入門1単位目レポート

教職入門 1単位目 レポート 明星大学レポート

どうもさんぴんちゃです。

私が実際に提出して合格した「教職入門1単位目レポート」をご紹介するので、苦戦している人は参考にしてみてください。

丸写しすると当たり前のように不合格となりますので、使えるところは部分的に使って、後はオリジナルを追加して下さい。笑

それではどうぞ。

【PA1040】教職入門1単位目レポート

レポート

課題

1.教員養成の歴史について論述せよ。

2.教職の専門性について論述せよ。

課題1

教員養成の歴史について述べる。

前近代においては、全国にわたる体系的な公教育制度は存在していなかった。江戸時代には、教育すらも身分によって区別されており、全ての人間が等しく教育の機会に恵まれるという事はなかった。しかし、明治維新後の新政府は、長い期間の鎖国により遅れを取ってしまった国力を増強するため、欧米先進諸国の学術や文化を積極的に摂取するという方針を明確にし、近代国家を目指していった。こうした方針の下、1872(明治5)年8月にわが国初の近代公教育制度である「学制」が制定された。学制は当初、全国を8つの大学区に分け、1つの大学区を32の中学区に分け、さらに1つの中学区を210の小学区に分けたこれを全ての国民に開放し、国力の強化を目指した。その中でも小学校の設置に力を入れたのは、それほど小学校教育には教育という分野において重要な役割がある事が分かる。

敗戦直後の教員養成制度改革では、目的性の教員養成制度という原則を維持しつつ、さらに高度な形である教育大学へと発展させていくという方向で模索され、1946年には米国教育使節団に協力すべき日本側教育委員会が発展解消される形で教育新刷委員会が発足した。1946年に制定された教員免許制度は、1953年に大きく改正され、仮免許状の廃止、教職専門科目の廃止と教科専門科目の増加、校長・教育長・指導主事の免許状廃止がなされた。これにより戦後の教育職員免許制度の基本がほぼ整備され、その後長期にわたって運用されていくこととなった。

近年では、中央審議会等の文部省が管轄する審議会にのみ教育政策の諮問を委ねるのではなく、政府全体の責任で取り組むべきであるという観点から、臨時教育審議会を設置し、教育改革の一環として教員養成制度の改革も行われた。教員養成制度の改革は社会の変化に対応して、より高度化・専門化・多様化し洗練され、一層充実した教育体制を確立しようとしていたのである。

前述したように、教員免許制度は戦後に設立された制度である。免許上の原則としては、教育職員はすべて例外なく免許状を持つべきであるというものだ。他にも相当免許状主義があり、これは教員は児童生徒の教育を直接司ることから、その人の人格形成に大きく影響を及ぼす存在であるため、教員の専門性は発達段階に応じて異なってくるために採用されているものである。我が国の教員免許制度は、教員の資質能力の専門性及び高度性を維持するとともに、教育の一層の充実を図って多様な人材の確保が出来る様に保証している制度なのである。

課題2

教職とは専門職であると一般的には言われているが、医者や法律家と比べても社会的評価も収入も大きく異なる。では教職の専門性とは一体何なのか。

教師の仕事といえば児童生徒に授業を行う事であるが、塾や専門学校とは違って、教科書の内容や知識・技術だけを教えるのではなく、人間としての物の考え方、行動の仕方、人間関係、社会的常識などを教えていかなければならない。そしてそれらは自らの行動を模範として教えていくのである。近年では家庭教育の機能が徐々に衰退しているので、昔は家庭教育で教えていたような言葉やコミュニケーション等、学校教育ではこれまで取り上げることの無かった内容まで教えなければならないのである。この取り扱う内容の広さや特殊さも教職の専門性の一つである。しかし、ここで忘れてはならないのが、従来では教師がする事のない仕事を、自分がやるべき仕事ではないと割り切らない事だ。これらは全て子供にとって必要な教育であるため、「新しい教育内容」として積極的に取り組んでいく事が重要なのではないだろうか。

専門性については、教職が取り扱う内容である「教育」も専門性があると言える。教育という領域については子供の成長・発達のあらゆる要素に関わるものであり、そのため教師は子供の発達状況に応じて教育活動を変化させて行かなければならない。従来の決まった教育方法しか扱えないようでは、子供にとって良い教育が出来ているとはいえないのだ。そもそも専門職と呼ばれる職業の基本は、学び続けて自ら成長していくことである。どうすればもっといい教育ができるのか、自分や子供にとって必要なことは何かを考えながら、教育者として常に学び続けていかなければならないのである。

以上の事から、教職の専門性とは、他の職業よりもはるかに高いレベルで求められる柔軟性、教育という答えのない特殊な内容を取り扱う事なのではないだろうかと私は考える。

残りのレポートも頑張ろう〜

質問等有りましたら、TwitterDMやコメント下さい!

アドバイス等できる限り返信します。

それでは〜