【PA1070】発達心理学2単位目レポート

発達心理学 2単位目 レポート 明星大学レポート

どうもさんぴんちゃです。

私が実際に提出して合格した「発達心理学2単位目レポート」をご紹介するので、苦戦している人は参考にしてみてください。

丸写しすると当たり前のように不合格となりますので、使えるところは部分的に使って、後はオリジナルを追加して下さい。笑

それではどうぞ。

【PA1070】発達心理学2単位目レポート

レポート

課題

1.ことばとコミュニケーションの発達について述べなさい。

2.親子関係の発生から集団の中で人との関わりを広げ、他者を理解し自己を形成していく道筋について述べ、保育・教育の果たす役割を説明しなさい。

課題1

新生児と母親の情緒的交流を見ると、生後数日の新生児が母親の顔の動きや表情を模倣すると言う現象が見られる。この模倣現象を「原書模倣」、または「共鳴動作」と言う。大人が示す喜怒哀楽の表情を模倣することがフィールド等の実験で示された。言葉によるコミュニケーションを取る前段階では、「微笑」や「泣き」といった動作により母親とのコミュニケーションを取っていく。

生後一ヶ月ごろになると、機嫌よく目覚めた時に、穏やかな発生が始まるようになる。二ヶ月ごろになると、音調のメカニズムが発達し、高さや強さ、長さ、リズムなどを変化させた発声「クーイング」ができるようになる。六ヶ月ごろには、「ブブ」「バブ」などの発声が出来るようになる。それを「軟語」といい、この軟語には、あらゆる言語の音韻に含まれる音韻が含まれている。そのため、子供はどのような言語でも母国語として習得できる可能性を持っている。生後八ヶ月〜一年で軟語の多様性はピークに達し、その後は意味を持つ単純な言葉を発するようになる。その言葉を「初語」と言う。その語は、一つの言葉で一つの意味をもつ「一語発話」〜「二語発話」〜「多語発話」と発達させていく。

子供は、幼児前期に入ると経験する人間関係が家族からそれ以外の人たちへ広がっていく。生活圏も同じように広がり、今まで経験したことのない多様な人間関係を結んでいく。この時期に、物事を認知したり考えたりする認知機能に言葉機能が関係していく。ことばを獲得していくには、親や周りの大人が発する言葉を模倣して、何回も発声して学習する「学習理論」、人間は生まれながらにして言語能力を有していて、周りからの刺激により、その能力が機能して言葉、言語を獲得していくという「認知説」、周りの大人が話す言葉は模倣するが、その際に言葉そのものを学習するのではなく、会話を構成している文法を模倣学習するのであり、大人から学習するのは「文法能力」であるとする「規則学習説」の三つ理論に分けられる。

また、言葉のみならず、この時期から書き言葉も発達し始める。線を書き始め、書くことを楽しみ、模倣しながらではあるが、文字らしい形を書けるようになる。その後は正しい形の文字を書き始め、伝達や意思表示の手段として文字を使い始めるようになり、文字の誤りを自ら意識的に正し、正確に書けるようになっていく。このようにして、母親とのコミュニケーションや、新たな生活圏や人間関係からうける刺激を得ながら、ことばや書き言葉によるコミュニケーション能力が発達していく。

課題2

幼児は人との関わりが家族から近隣社会・保育所・幼稚園などへと拡大していく。家族も集団の一つではあるが、それは「血縁関係」による集団で、親子関係を中心とした感覚的・情緒的集団であるため、計画的な人との関わりや働きかけが行われる事はほとんどない。一方「非血縁関係」による集団の中では客観的、冷静で計画的な人との関わり、教育、働きかけが行われる。仲間との遊びを通して多様な役割を経験・取得し、相互の情緒的な結びつきを深めていく。仲間関係を通して子どもは社会的認知力、交流・考証能力、役割取得能力を高めていくのである。

こうした生活圏が広がることにより、自己ではない他者との関わりが増えることとなる。成熟した対人関係は豊かであるが複雑だ。家族以外の人をも中心的人物とするようになり、心理的な結びつきを強くしていく。こうして自分を中心とした豊かな、内的に充実した人間関係を築き、精神的に安定し、自立した存在へと成長していく。友人を作るという事は、子ども自身が人を選び、努力によって関係を維持していかねばならない存在である。意思表示や、仲良くするために自分を抑えたり、相手を理解するよう努めなければならない。こうした努力によって得られた友人は心の支えになり、社会的スキルを磨く上でも重要な存在であると言える。

エリクソンによれば、人間は体の発達により新しい能力を獲得するとしており、認知能力もこれに含まれる。人は外側に対しては豊かな対人関係を、内側には豊かな内面世界を築く。自分はどういう人間かという自己意識、自尊心、自己効力感、独自の価値観や態度といった自己の形成には、この認知能力が関係している。子どもは学童期を通して、より客観的、倫理的な思考ができるようになる。このような認知的発達により、自己を外見や具体的な行動だけでなく、内面的・心理的な特徴によって捉えることができるようになる。また、友人との比較によって自己の能力や特性を正確に捉えることができるようになる。

保育や教育は、こうした子供の成長を確かなものとするための補助であると私は考える。もちろん知識的な教育もあるが、まずは第一に情緒や生活に関わる事を教えるということが主な役割なのではないだろうか。教育者としてこうした発達の側面にも目を向けていきたい。

残りのレポートも頑張ろう〜

質問等有りましたら、TwitterDMやコメント下さい!

アドバイス等できる限り返信します。

それでは〜