【PA2240】教育方法学1単位目レポート

教育方法学 2単位目 レポート 明星大学レポート

どうもさんぴんちゃです。

私が実際に提出して合格した「教育方法学1単位目レポート」をご紹介するので、苦戦している人は参考にしてみてください。

丸写しすると当たり前のように不合格となりますので、使えるところは部分的に使って、後はオリジナルを追加して下さい。笑

それではどうぞ。

【PA2240】教育方法学1単位目レポート

レポート

課題

1.系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。

2.次の語について、それぞれ調べなさい。(1)情報活用能力 (2)絶対評価 (3)教材研究

課題1

系統学習と問題解決学習の長所と短所をまとめ、比較検討する。系統学習は、教科内容の科学性や系統性を重視し、知識や技能を系統的に順序よく教授し、的確に習得させることを目指している。この学習方法の長所は、短時間に多人数の学習者に共通の学力や知識を育成することができる点である。そのため、同学齢の学習者を集めた学校などの一斉学習に適している。教材の配列が教科書などにより示されており、教師の負担も軽減することができる。また、定期的な筆記試験や口頭試問などにより、学習者の習熟状況も比較的容易に測定することができる。一方、単なる知識偏重型の学習により、学習者の思考や個性が育たないといった短所も存在する。学習の速度に取り残されると落ちこぼれを生む事になり、学校に通わない不登校要素にも結びつく。

問題解決学習は、学習者の興味や関心を引き起こす学習上の課題を問題として設定し、その問題を学習者の主体的な活動によって解決に導くという方法である。この学習の長所は、学習者に生きて働く知識や認識を深化させ、社会を変革するような力を育成することが可能である点だ。学習者には、主体的に学習を進めることが求められる。この主体性が、学習者自身に起こる問題や障害を乗り越える生きた知識や認識を生むことになるのである。しかし、問題解決学習は、普遍的知識としての基礎学力の低下を招くという短所を有している。問題解決学習では、子どもの興味や身近な問題を出発点とし、その解決を目指すため、人類の培った文化遺産や知識を系統的に伝授する機会がない。実際に学ぶ基礎知識も少なく、系統的な歴史や地名、複雑な計算などが問題の解決過程で扱われる事はほとんど無い。子どもが問題として解決するのは限られた分野であり、偏りも生じる。系統学習のように広く客観的な知識を育成するのは難しいのである。

こうして両者の長所短所を並べてみると、どちらか一方に偏っても不十分な教育になることがわかる。不十分な教育にしないためにも、教師が学ばせたいことを明確にし、授業ごとに系統学習か問題解決学習を選択し授業を構成する必要がある。教育の歴史の中でもこうした対立の過程で、両者の長所を生かしつつ短所を補うような新しい教育方法(発見学習や判例学習など)も実践されてきた。系統学習や問題解決学習といった型に当てはめて授業を構成するのではなく、柔軟に授業を構成していくのも良いのではないかと私は考える。

課題2

情報教育の目標として「情報活用能力」の育成がある。情報活用能力とは、予測困難なこれからの社会において、子供たち自身で問題を解決したり、そもそもどのような問題があるのか発見したり、それらに対する自分の考えを持ったりするということを目的とした情報そのものや、ICTをはじめとする情報技術を活用する力である。必ずしもパソコンに限ったものではなく、先生や友達、新聞やテレビのニュース等から得た情報もここでいう「情報」に含まれている。総則の解説には「情報活用能力をより具体的に捉えれば、学習活動において必要に応じてコンピュータ等の情報手段を適切に用いて情報を得たり、情報を整理・比較したり、得られた情報を分かりやすく発信・伝達したり、必要に応じて保存・共有したりといったことができる力であり、さらに、このような学習活動を遂行する上で必要となる情報手段の基本的な操作の習得や,プログラミング的思考、情報モラル、情報セキュリティ、統計等に関する資質・能力等も含むものである。」とあるように、コンピュータの情報だけには限らないが、コンピュータの操作スキルも含まれている。

絶対評価とは、学習の目標を基準として、それに対してどの程度達成したかを評価する方法である。ポイントとなるのは目標設定である。絶対評価の長所は、学習者個々人の真の学力レベルを知ることができ、指導の成果が確認できる点である。学習者の努力や進歩がそのまま成績に反映されるため、学習者にとっては動機付けや目標を明確にすることができる。教師にとっても指導の方向の示唆がしやすいという点がある。短所としては、集団内での成績順が不明であること、達成基準の設定が難しく、教師の主観に流されてしまう点が挙げられる。学習の達成度で成績をつけるという性格上、成績段階に基準を設ける作業が必要となる。これが明確に設定されていない場合には、教師の主観に左右され、評価としての客観性が薄れ、信頼性が危うくなる。

教材研究とは、教材に関する資料を集め、教材を発掘し、選択しながら本質を見極め、そして学習者の環境や発達に則して授業を構想する事である。つまり、教師が事前に教科書の内容について知識を深め、分かりやすい授業を行うために授業構想を行う事である。充実した授業を行うために、教材研究は必要不可欠である。教材研究には「素材研究」「教材研究」「指導法研究」の3つの段階がある。これらを行い、質の高い授業を目指した教材作りから授業に至るまでの一連の活動を教材研究という。

参考文献
小学校学習指導要領・中学校学習指導要領(平成29年3月公示)

残りのレポートも頑張ろう〜

質問等有りましたら、TwitterDMやコメント下さい!

アドバイス等できる限り返信します。

それでは〜