【PB2155】初等英語科教育法1単位目レポート

初等英語科教育法1単位目 合格レポート 明星大学レポート

どうもさんぴんちゃです。

私が実際に提出して合格した「初等英語科教育法1単位目レポート」をご紹介するので、苦戦している人は参考にしてみてください。

丸写しすると当たり前のように不合格となりますので、使えるところは部分的に使って、後はオリジナルを追加して下さい。笑

それではどうぞ。

【PB2155】初等英語科教育法1単位目レポート

レポート

課題

1.外国語教育における小中学校の学びの接続と連携の意義、および接続・連携をはかるために重要なポイントをまとめなさい。その上で、小学校教員として外国語教育の接続・連携を行う上でどのような役割を果たしたいと考えるか、自身の見解を述べなさい。

2.主体的・対話的で深い学び(いわゆるアクティブラーニング)の効果・特徴を説明しなさい。その上で、小学校外国語(英語)教育において主体的・対話的で深い学びを実現するための授業の進め方・留意点を説明しなさい。

3.小学校英語教育において、音声指導から文字指導へスムーズに移行するためには、どのような点に配慮すべきか。具体例を挙げながら説明しなさい。

4.さまざまな評価の方法について、特徴と留意点をまとめなさい。その上で、小学校英語教育担当者として評価を行う際に、あなたが大切だと思う点をまとめなさい。

課題1

学校間の接続を円滑にし、小学校における学びを中学校につなげ、コミュニケーションを図る資質・能力の育成という目標の実現のためには、小中連携が鍵となる。「小中間の学びの接続によって学習効果を高める」「専門の指導者が不在・不足の小学校を中学校がサポートする」といった2つの視点が大切である。小中で一貫した目標の実現を図り、外国語を使って何ができるようになるのかを明確にするために、領域別の目標が設定されている。児童生徒の発達の段階を捉えて指導に生かすために、各段階の領域別の目標を比較し、何を身につけさせるのかを理解することが重要である。そのためには、小中一貫のカリキュラムの作成が必要である。これを作成することで、小中学校の教員が指導間を共有し、見通しを持って児童・生徒を育てていくことができ、指導につながりがあると児童・生徒も安心して学ぶことができる。作成の際には、小学校で取り組んだ言語活動や取り扱った言語材料が、中学校の年間指導計画のどこに繋がっているか、指導内容の関連が分かるようなカリキュラムに工夫する事が大切である。

小学校教員が果たすべき役割は、先を見据えた授業を構想する事である。デジタル教材やICT教材も積極的に取り入れ、児童・生徒が積極的に授業に参加するような楽しい授業、教師間の学習データの共有の効率化など、常に新しい方法を模索しながら授業を展開していきたい。

課題2

思考力、判断力、表現力を高めるためには、知識を享受するだけの学習ではなく、「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指したアクティブラーニングの視点に立った授業が必要である。ある大学の実験では、この手法による授業を受けた学生は、講義中心の授業を受けた場合と比べて、途中で専門を変える学生の数が半分に、退学する学生の数が3分の1になったそうである。共同学習の中から得られる理論・知識を具体的な事象に用いる体験を持ち、講義で生えることのできない「深い学び」が生まれるとされている。

英語の授業においては言語活動をPre,While,Postの3つに分けてリーディングやリスニング等の授業を行なっており、そのままでもアクティブラーニングが行われているようにも見えるが、効果的な学びにするためには抑えるべき留意点が5つある。1.Activeな活動を促すための教師の指示・発問、2.「関わり」を持たせるため、グループ活動等を取り入れた協同学習、3.学んでいることが実際の社会につながるめあての設定やCAN-DOリストを用いた評価、4.学習したことを振り返る時間を取り、「考える・気づく」ための時間を作る効果的な省察活動、5.言語活動等を通して、自身の考えや感じたことを表現する活動を持たせる既習の言語材料を活用し発信する活動。英語学習では、この5つの点を留意する必要がある。

課題3

小学校外国語活動では「聞くこと」「話すこと」といった音声を中心とした指導が行われてきたが、英語が教科となり、「読むこと」「聞くこと」といった文字指導も入ってきた。これまで音声を通して楽しく学んでいた英語を、音声と文字の関係につまずき、嫌いになるといった事態をさけるためにはどの様に移行していけば良いのだろうか。

小学校では絵カードなどに文字を示したり、掲示物に英語を用いて、低学年から英語の文字が自然に児童の目に入る様にする。3学年ではローマ字学習が実施されるので、自分の名前を書く等を活用して、楽しく文字に触れ、無理なく学べる様に音声から文字へ段階的に指導する事が必要である。段階的指導ではまず、ABCソングを用いて、一覧表を見て歌ったり指をさしたりして音声と文字を結びつけていきます。次に、馴染みのある単語を中心に、リズムに乗せて繰り返させるアルファベットジングルを使い、日本語とは異なる音や文字への気づきを促し、文字と音の関係を気づかせると同時に、意味と結びつけていく。歌やチャンツによる大量のインプットに加え、絵本の読み聞かせなども取り入れていく。最後に、自身で英語の絵本を読んだり、分からない所はお互いで助け合いながら読む活動を取り入れ、自立した読み手を育てていく学習を行う。

以上が文字指導への移行に必要な配慮である。

課題4

授業内評価においては、最終的な成績をつける事と同時に、学習者の普段の学びを支援し、目標へ導く事がより重要な目的となる。その点で、授業内評価では「継続的で形成的な評価」が重要であるが、実際の現場では小テストの様な短期間で繰り返される評価を指し、学習者への十分なフィードバックがされていない。そこで用いられているのが「学習のための評価」である。学習のための評価の特徴を見ると、児童の学習を価値づけする狭い意味での評価というより、授業あるいは学習の過程そのものであり、教師が常に児童の学びを見取りながら、フィードバックを与え、児童も主体的に学びに関わりながら成長していくという関係が見える。

私が評価の際に大切だと思う点は、ポートフォリオ評価を用いるという事である。テストの点数や発表回数だけでは、子供の評価を決める材料としては不十分である。授業で作成したプリント、作文、自己評価表、作品なども評価対象として加えていくという点を大切にしていきたい。評価が持っている児童の学びを支援するという役割について考えながら、授業内評価を行なっていきたい。

残りのレポートも頑張ろう〜

質問等有りましたら、TwitterDMやコメント下さい!

アドバイス等できる限り返信します。

それでは〜