【PB2155】初等英語科教育法2単位目レポート

初等英語科教育法1単位目 合格レポート 明星大学レポート

どうもさんぴんちゃです。

私が実際に提出して合格した「初等英語科教育法2単位目レポート」をご紹介するので、苦戦している人は参考にしてみてください。

丸写しすると当たり前のように不合格となりますので、使えるところは部分的に使って、後はオリジナルを追加して下さい。笑

それではどうぞ。

【PB2155】初等英語科教育法2単位目レポート

レポート

課題

1.「外国語」(高学年)の指導のポイントをまとめなさい。その上で、小学校「外国語」の授業にふさわしい「書くこと」の指導について具体的な指導計画を書きなさい。

2.「外国語活動」(中学校)の指導ポイントをまとめなさい。その上で、小学校「外国語活動」の授業にふさわしい「話すこと〔やり取り〕」・「話すこと〔発表〕」の指導について具体的な指導計画を書きなさい。

3.教科書の第3章「主体的な学びを目指す実践例」から実践例を1つ選び、実践のねらいを明らかにした上で、この実践の改善点を指摘しなさい。

4.『小学校教員を目指す人のための外国語(英語)教育の基礎』(明星大学出版)を用いて、着実に学習してますか?あなたの指導力がどの程度向上したかを振り返り、その成果を報告しなさい。その上で、あなたが小学校で英語教育を担当する上で、どの程度指導力をさらに向上させる必要があるかを分析し、今後の学習プランを示しなさい。

課題1

高学年の外国語の指導においては、学習指導要領の改訂で読み・書きに注目が集まっているが、音声言語としての英語に慣れ親しむ事が重要である。中学年の外国語活動から広がる音声言語としての英語の授業の充実こそが大切であり、高学年の発達段階と学習経験に応じた多様な教材と指導技術が必要になってくる。外国語科の目標前段にある通り、外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ、外国語による聞くこと、読むこと、話すこと、書くこと、の言語活動を通してコミニケーションを図る基礎となる資質・能力を育成することが、高学年の外国語指導のポイントとなる。また、「他者に配慮しながら」とするコミュニケーションの視点は、聞いたことや暗記したことを繰り返す様なものではなく、相手に応じて適切な対話をする能力の育成が重要視されている。

例えば書くことの指導では、目標に大文字小文字を活字体で書く、語順を意識する、簡単な語句や動きを書き写す、自分のことを簡単な語句や表現を用いて表すとある。学習活動としては、日記を書かせるといった活動を取り入れたい。昨日食べたものや何をしたかなどを英文で書かせ、グループで発表し合う等して、書くことから話すことへのつながりを持たせた活動を行なっていく。その際、自分で書いた日記だけでなく、他己紹介の様に友達の書いた日記を発表するというのも、様々な英単語に触れることができて良いだろう。

課題2

中学年の外国語活動の目標(3)には、外国語を通して、言語やその背景にある文化に対する理解を深め、相手に配慮しながら、主体的に外国語を用いてコミュニケーションを図ろうとする態度を養うとある。「相手に配慮しながら」「主体的にコミュニケーションを図ろうとする」は、中学年にだけ置かれているものではなく、高学年外国語科や中学校外国語かの目標にも示されており、英語教育全体を通して大切にすべき点であると言える。

今回の指導要領では「話すこと」がやり取りと発表の2領域に分かれており、やり取りにおいては覚えたことを一方的に話すのではなく、相手に応じて質問をしたり答えたりする活動において、互いに伝え合う能力を育成することが強調されている。話すこと(やり取り・発表)における具体的な授業計画としては、英語でのお店屋さんごっこを取り入れたい。お客さん役と店員役のどちらも挨拶・要求・質問を行うことができる。発表では、購入した商品をグループに持ち帰って紹介する活動を行う。その際に話せているかどうかだけでなく、聞いている時の姿勢・態度もしっかりと見る様にする。

外国語・外国文化と初めて出会うのは3・4学年である。苦手意識をつけさせない様に工夫した指導を行なっていくことを心がけていきたい。

課題3

実践例11の「道徳と連携した実践例」では、外国語を学ぶ意義を子供たちに理解させていく。単語やフレーズを覚えたり発音の練習をしたりするためだけに外国語を学ぶのではなく、身近な人や世界の人々と理解し合うために学ぶのだと知ることが大切であり、学んだ事を自分の生き方にどう生かすのかを考えさせることが重要である。外国や自国の文化を大切にする心を育み、日本人として自覚を持ち世界の人々と親善に努めようとする心情を育てることがこの実践例のねらいである。

この実践例の改善点は、学校内でしか授業を行なっていない事である。外国文化を学ぶのであれば、直接触れることが一番知識として身につく。ならばインターナショナルスクールに通う生徒との交流をして、実際に外国人と触れ合うという場を作ってあげたい。英語を通して友達を作ることができたという経験は、児童へ大きな自信を与える。また、これまで学習した英語を実際に使うことで振り返り学習を行うこともできる。私自身も小学生の時にインターナショナルスクールと交流会をした経験がある。その経験は今でも鮮明に覚えており、外国語を学ぶという事への意識が変わる経験だったことは間違いない。外国語を学ぶ意義について児童が理解した時、児童はより主体的に英語学習に取り組むことが予想される。そのきっかけ作りとしても、外国文化との交流を授業として取り入れていきたい。

課題4

学習をして、今まで何となく発音していたæ・ʌやs・θなど発音の違いや口の使い方を学ぶことができた。実際に自分が学習するのと児童に指導するのとでは視点が全然違うことに気付かされた。また、Columnを通して授業に必要な教材の作り方や言い直し(recast)といった教師に必要なテクニックも学ぶことができたので、英語の知識だけでなく、教師としての視点を持つことができた。

今後の学習プランとしては、現在英検準2級を所持しているが、自身のレベルアップも兼ねて英検2級の取得を目標に学習していきたい。YouTube等にも質の高い学習教材が多数あるので、それらを活用して学習を進めていく予定である。ALTと円滑なコミュニケーションを取るためにも、日常会話は身につけて卒業したい。

英語と初めて触れ合う段階で、間違った発音や意味を教えてしまうと、後々英語で躓く原因になる可能性がある。教える立場としてしっかりと基礎を固めて、児童が英語を好きになる様な楽しい授業を展開できる指導者を目指していきたい。

残りのレポートも頑張ろう〜

質問等有りましたら、TwitterDMやコメント下さい!

アドバイス等できる限り返信します。

それでは〜