【PL3070】重複障害者・LD等の心理・生理・病理1単位目レポート

重複障害者・LD等の心理・生理・病理 1単位目 レポート 明星大学レポート

どうもさんぴんちゃです。

私が実際に提出して合格した「重複障害者・LD等の心理・生理・病理1単位目レポート」をご紹介するので、苦戦している人は参考にしてみてください。

丸写しすると当たり前のように不合格となりますので、使えるところは部分的に使って、後はオリジナルを追加して下さい。笑

それではどうぞ。

【PL3070】重複障害者・LD等の心理・生理・病理1単位目レポート

レポート

課題

1.障害の相互関連を行動システムの観点から述べなさい。

2.様々な障害の病因の在り方を3つの二分法の観点から述べなさい。

課題1

行動システムは、整体の機能系とも呼ばれている。行動システムは①環境から情報(刺激)を収集する感覚・受容機能、②受容した情報を処理する中枢・処理機能、③処理された情報を表出(出力)する運動・表出機能から構成されている。生理学的には感覚系、中枢系、運動系に分けられる。

感覚系は、外部環境から必要な刺激をモダリティーに適合した感覚受容器で受容し、生体信号に変換、その後感覚神経とを上行し、モダリティーに該当する大脳の感覚野に投射する機能を指す。その信号を大脳が処理する機能が中枢系である。外部からの刺激を信号に変換し、信号を大脳で処理、そしてそれが外部へと表出する機能が運動系である。大脳基底核や小脳などが関与し、直接的には筋や骨などを通して表出される事となる。以上の事から、行動システムの3つの機能はそれぞれ相互に関連していることは明らかである。

行動システムと障害の関連で見られる特徴として、①それを構成する機能系の一つの障害はシステム全体に影響する、②障害の発生の時期、特に発達初期の障害は生体機能の多面的かつ異質的な障害をもたらすという2つの特徴が挙げられる。行動システムでは、受容、処理、表出の各機能は内部環境や外部環境を媒介にフィードフォワードとしての情報の継続的な流れやフィードバックとしての情報の遡及的な流れを有するグループが構成されている。そのため、一つの障害は行動全体に影響を与える。

また、障害発生の時期は、このループに著しい影響をもたらすと指摘できる。感覚・受容機能に発達初期から障害がある場合、情報の入力が阻害されるために中枢・処理機能が適切に働かなくなり、中枢の発達がさらに阻害されることになる。また、運動・表出機能に発達初期から疎外がある場合でも、フィードバックによる情報が感覚・受容機能や中枢・処理機能へ入力されないために空間認知などの発達が阻害されることになる。このように、発達初期の障害は、それがどの機能であっても他の機能の発達に影響を及ぼすため、障害像が多面的になる。

以上が行動システムの観点から見た障害の相互関連である。

課題2

障害の病因のあり方について、水谷(1980)は内因性(遺伝生)ー外因性(環境性・獲得性)、整理型ー病理型、先天性ー後天性という3つの二分法で整理した。内因性には、多因子遺伝・病的遺伝子・染色体異常・代謝異常が病因として含まれる。染色体異常・代謝異常は、遺伝性の要因を持ちながら、環境性の要因が作用した時に生じる。整理型は、多因子遺伝が病因として考えられる。心理的・社会的要因以外の要因は、全て病理型に含まれる。先天性と後天性の二分法の区切りは、出生時点にある。周生期以降の病因が後天性に含まれる。

多因子遺伝は、ヒトの30億のDNA塩基配列をすべて解読する計画があり、「ヒトゲノム計画」と呼ばれた。杉江らは、知的障害、コミュニケーション障害、特異的学習障害、言語発達障害、学習障害、注意欠如・多動性障害、自閉症スペクトラムなどの発達障害の多くが多因子遺伝の疾患と考えられると指摘した。環境因子が、発病に直接影響するのか、遺伝子に作用して間接的に発病に作用するのかは明らかにされていない。従来「量的偏り」とだけ考えられていた多因子遺伝は、現在、急速な勢いで、感受性遺伝子の絞り込みが進められている。

細胞が分裂する時、核には、22組の常染色体と1組の性染色体の合計46本の染色体が形成される。性染色体にはXとYの2種類があり、女性はX染色体が2本、男性はX染色体とY染色体をそれぞれ一本ずつ持つ。染色体は、二重螺旋構造のデオキシリボ酸からできている。病的遺伝子には、常染色体優生(ハンチン病など)、常染色体劣性(フェニールケトン尿症といった多くの先天性代謝異常など)、伴性(X染色体連鎖性;デシャンヌ型筋ジストロフィー症、血友病など)の遺伝形式がある。

染色体異常には、特定の染色体が多かったり少なかったりする数的異常と、染色体が数か所で切断され、別の染色体部位に再結合する構造異常がある。・数的異常には、染色体が3本あるトリソミー、逆に1本しかないモノソミーなどがある。•生まれてくる染色体異常の中で最も多いのは、21番染色体が一本多い21トリソミー(ダウン症)があり、出生1000人に1人の割合となっている。

特別支援時の心身の障害を引き起こす生物学的・身体的原因、あるいは心理的・環境的原因には様々なものがある。障害の一時的原因は前者にあり、障害の種類やタイプが同じであっても、障害の程度や現れ方は二時的原因の影響によるところが大きいと認められる場合もある。これらのことが、特別支援時の障害の種類・タイプや状態の多様性と結びついていると言える。

特別支援の対象となる障害のうち神経発達障害は、発達早期に多くの要因が作用して脳の機能障害を起こし、発達が損なわれた状態である。脳の構造と機能は出生後早期(臨界期)に環境からの入力によって大きく変わる。障害像の形成から、出生後の環境との相互作用がきわめて重要である。しかし、臨界期以外にも神経系は可塑性を持っていることが分かってきているため、適切な働きかけが障害児の脳内回路の構造的な変化を生じていくという事を理解しておくべきであると私は考える。

レポートの効率を上げる方法

結論、iPadとキーボードを購入してください!文字入力作業を行うなら絶対にキーボードが効率いいです。私もレポートを書くためにiPadを購入してからは、1日で1レポートくらいの速度で終わらせる事ができるようになりました

インターネット上の記事を参考にする際にもコピーペーストが圧倒的に速いです。

タイピングの練習にもなるので、将来的にも必要なスキルを身につける事ができます。

勉強をする時にもiPadは便利ですので、ぜひ購入を検討してみてください。

 関連記事

https://sanpincha-n.com/mac-or-ipad/
https://sanpincha-n.com/ipad-keyboard/
残りのレポートも頑張ろう〜

質問等有りましたら、TwitterDMやコメント下さい!

アドバイス等できる限り返信します。

それでは〜