ブラインドタッチを身につけるための練習方法

成長したい人向け

今回の記事では、タイピングの上達のコツ、
ブラインドタッチを身につけるための
練習方法について書いていきます。

仕事柄、パソコンに触れる機会が
多くなってきて、タイピングの速さが
作業の速さに直結するようになりました。

タイピングスキルが身につくと
作業効率が2倍にも3倍にもなりますので
今すぐ身につけたほうがいい
スキルと言えます!

私も昔はタイピングが苦手でした。
今ではこのブログもバリバリに
ブラインドタッチで書いています。笑

人差し指打ちだった私がブラインドタッチを
身につけた方法や意識した事など
なるべく詳しくご紹介します。

大体2週間続ければ身につけることが出来るので
頑張ってみましょう!

 

ブラインドタッチを身につけるための練習方法

step1 :ホームポジションを覚える

最大のコツは「ホームポジションを覚える」
事です。

コツというか、ホームポジションに指がないと
タイピングを早く行うことができません。

前提条件と言ったほうがいいでしょうか。

 

ホームポジションとは、Fキーに左人差し指
Jキーに右人差し指を置いて構えるポジションです。

イメージはこんな感じ

まず最初はホームポジションに
指を置くことから始めましょう。

 

step2:キーボードを見ない癖をつける

ホームポジションに指を置く事ができたら
次は「キーボードを見ない癖」をつけましょう。

タイピングを始めたての頃は、打ち間違えが多く
ついキーを確認しがちですが、
キーボードを見ているうちは
絶対にブラインドタッチは身につきません。

 

何回間違えても、キーの位置だけは確認しないで
タイピングを続けましょう。

感覚でキーの位置を覚えることが重要です。

ですが、そうは言っても
キーの場所が分からないとタイピング
出来ないですよね。

そこで利用していただきたいのが
タイピング練習用ゲームのマナビジョンです。

このゲームでは、画面上に指遣いが
表示されるので、初心者の方でも
キーボードを見ずにタイプできます。

 

こんな感じ

マナビジョンを使ってキーボードを見ない癖
をつけてください。

癖がついたらstep2はOKです!

この時点で正確なタイピングが出来なくても
大丈夫ですので最後のstepに行きましょう。

 

step3:ひたすら練習あるのみ‼︎

なんか根性論みたいになって申し訳ない
のですが、結局練習するしかありません

ひたすらタイピングゲームをこなして
行ってください。

続けていくうちに自然とタイピングが
出来るようになっています。

タイピングができるようになる裏技的な
ものは正直ありません。泣

やればやる程身につくものなので、
根気強く頑張っていきましょう!

私がタイピング練習に使ったタイピングゲーム
も紹介していますので、活用してください!

無料でブラインドタッチを身につけられるタイピングゲーム集

 

まとめ:本当にひたすら練習あるのみ。

結局何をするにしろ練習しかありません。泣

ただ効率のいい練習は存在します。
それが今回の「ホームポジション」です。

練習は大変ですが、その練習を楽しくする
為にもゲームを活用して下さい。

1日2回程度でも充分スキルは身につきます!

あんまり気合入れすぎずに頑張りましょ!

それでは〜