【WB1010】健康スポーツ科学論1単位目レポート

健康スポーツ科学論 1単位目 レポート 明星大学レポート

どうもさんぴんちゃです。

私が実際に提出して合格した「健康スポーツ科学論1単位目レポート」をご紹介するので、苦戦している人は参考にしてみてください。

丸写しすると当たり前のように不合格となりますので、使えるところは部分的に使って、後はオリジナルを追加して下さい。笑

それではどうぞ。

【WB1010】健康スポーツ科学論1単位目レポート

レポート

課題

1.生涯学習の観点から、これからの日本社会におけるスポーツの必要性について述べなさい。

課題1

生涯学習とは、人々が生涯にわたって自己の充実・啓発や自らの生活の向上を目指して、自発的な意思に基づいて、主体的に行われる学習である。1990年中央審議会答申「生涯学習の基盤整備」では生涯学習について、①生活の向上、職業上の能力の向上や自己の実現を目指し、各人が自発的意思に基づいて行う事を基本とするものである。②必要に応じ、可能な限り自己に適した手段および方法を自ら選びながら生涯を通じて行うものである。③学校や社会の中で意図的、組織的な学習活動として行われるだけでなく、人々のスポーツの活動、文化活動、趣味、レクリエーション活動、ボランティア活動の中でも行われるものであると述べられている。スポーツの分野では、人々が生活にスポーツを結びつけ、生涯を通してスポーツに親しむ事を「生涯スポーツ」と位置づけており、その概念も一般化してきている。スポーツがもたらす様々な社会的便益を考えると、スポーツは人々の生活の質的な向上や自己の充実を目指して行われるだけでなく、生涯学習の対象や内容として極めて重要な位置を占めていると考えられる。

近年は科学技術の進展や経済発展により、職域や家庭生活において機械化、自動化が進み、生活全体が昔よりもはるかに便利になった。一方で、我が国の全世代において生活での身体活動量が減少し、生活習慣病が増加している。これから更に科学技術の発達進む事を考えると、私たちが今行っている肉体労働や作業等は全て機械が行う事となり、ますます私たちの身体活動量は減少していくものだと予想される。現代生活がもたらした健康問題の社会的背景を整理すると、社会環境の変化や労働形態の変化、生活様式の変化および生活水準の向上などにまとめられる。これらは我々の健康の基本的要件である栄養(食生活)、運動、休養(睡眠)のアンバランスな状態の成立を余儀なくさせ、多くの健康問題を発言させている。その結果、運動機能障害、循環器障害、代謝障害、心身症など身体的、精神的に異常をきたして健康を維持する事を困難にさせている。これらが起因し、今日の人々の健康に新しい問題を引き起こしている。

こうした社会環境や生活様式が変化する中で、改めて心身の豊かさや健やかさが問われている。健康維持のためには栄養バランスの取れた食事、適度な休養、レクリエーションを含む運動・スポーツが大切だ。その中でも特に、生きがい作りにもなるスポーツの価値を学び、アクティブシニアの文化を形成する意義は非常に大きい。このような現代社会に生きる全ての人にとって、心身の両面に影響を与える文化としてのスポーツは、ますますその重要性を高めている。障害者も含めすべての人々が生涯のいつでも楽しめるスポーツの推進は、極めて大きな意義を有している。そのためには、児童期からスポーツと関わっていくことが大切だと私は考える。スポーツをする習慣をつけることで、意識的にスポーツを行える様な思考作りをしていくことで、生活とスポーツを結びつけ、生涯スポーツに繋がっていくのではないだろうか。生涯スポーツの促進は私たちの健康面だけでなく、豊かな心の発達や生活の質を向上させる最も有効的な手段であると言える。

社会が変化しようとも、スポーツが私達にもたらす効果は変化する事なく極めて大きいものである。スポーツを行う人のみならず、競技スポーツ選手達の極限への挑戦は、みる人にも大きな感動や楽しみ、活力を与えるのである。このように、現代社会におけるスポーツの重要性は、私たちの生活を豊かにし、感動を与えたり、国際親善に役立つ人類共通の文化としても捉えることが出来る。教師の立場としては、生活での身体活動量の減少が様々な生活習慣病や健康被害にどうつながっているのかをしっかりと説明し、根拠立てて生涯スポーツの意義や重要性を説くことが大切だと感じた。

参考文献

『テキスト保健体育』 出村慎一、他 編著 (大衆館書店)

『現代生涯学習全集6   地域における生涯スポーツの振興』 岡本包治 著 (ぎょうせい」1995

残りのレポートも頑張ろう〜

質問等有りましたら、TwitterDMやコメント下さい!

アドバイス等できる限り返信します。

それでは〜